続・西岐波進学教室ブログ

西岐波中生徒限定の学習塾

第一回保護者面談

来週5/30(月)より中3生保護者面談期間(~6/8まで)に入ります。この期間中、保護者の方々には都合の良い日・時間帯に来ていただきます。(三者面談ではありません。保護者との二者面談です)

 

 

昨日、中3生に第二回進路説明会を実施しました。(第一回進路説明会は1月に終了)今回の説明会は黒板を使っての説明だったため、各教室で行いました。説明会終了後に、進路調査として志望校を書いてもらいました。この進路調査書を基に保護者面談を進めていきます。

 

 

保護者面談も授業と同様に、準備万端で臨みます!

生徒の通知表・成績カード・塾内模試の成績表等の個人データはもちろん、ここ近年ではパソコンを使って塾内(卒塾生)のデータはすべてお見せできるようにしています。

 

保護者面談では相手(保護者)の要望をしっかりヒアリングし、不安を払拭することが最も重要なことだと思いますが、

「どれぐらいの成績だったら推薦入試が受けられるのか」

「うちの子の成績で○○高校に合格できるのか」

などが保護者の一番気になるところではないかと思います。これをExcelでまとめた資料を見せることによってわかりやすく面談を進めています。

 

また、お忙しい時間を割いて来塾していただくので、満足度の高い、面談に参加してよかったと思われるような保護者面談を目指しています。そして、ご家庭での様子や家庭内での進路についての話を聞き取り、後日控えている生徒面談に活かしていきます。特に、初めて高校入試を経験する保護者の方々にとっては多くの不安があるかと思います。どうぞこの保護者面談時に疑問点やご不明な点を遠慮せずにお尋ねください。

 

 

 

面談期間を定めていますが、ご都合の悪い方は期間外でも構いません。ご連絡ください。

中1ショック ~後編~

中1ショックの後編です。

 

 

中1ショックに陥った子どもには叱咤激励ではなく、大人自身がゆったりと構えた声掛けが重要だと前回のブログで書きました。

 

もうひとつ大切なことは大人の「聴く力」です。「中1ショック」以外にも、学校でいじめられている、先生に叱られたなど、子どもたちの心が病んでいる時があります。例えば、「学校に行くのが嫌だ」と言われたら、相談された側にすれば「何かアドバイスをしてあげたい」と思ってしまい、「何を言っているの、頑張りなさい」「そのうち良くなるよ」と指示、助言などをしたくなります。しかし、子どもにすれば「説教された、気持ちは分かってもらえない」となります。子どもの心が疲れているときは、相談に乗ってもらいたい、アドバイスがほしいとは思っていません。ただ聴いてもらいたい、分かってもらいたいのです

 

子どもが困ったとき、アドバイ・助言しようとする大人は多いと思います。聞いてもらいたいだけなのに何か助言を求めていると勘違いしてしまうのです。しかもその助言が相手をとがめ、糾弾し、逃げ道を潰していることにもなりかねません。

 

親:「返事ばかりよくてもダメだ。いつでもオマエは先延ばしにしてしまうだろ?」

子:「わかった。やればいいんでしょ。」

親:「ほら、いつもそうやって口ばっかりじゃないか。」

子:「私を信用できないの?」

親:「信用してほしければ態度で示しなさい。」

 

こんな具合に助言しようとしていたつもりが相手を言いくるめ、本質的なマイナス思考になってしまうのです。

 

 

「とがめない、追い込まない、嘆かない」

 

 

動きのテンポは子ども自身にある程度任せておいて、「だけど、こうだろ?」と異論をわからせようとするのではなく、「それなのに、こうなんだな。」と子ども自身が感じている異論を聴いてあげる。自分の気持ちがわかってもらえると子どもたちは少しでも前向きな気持ちになれます。

 

受容、共感するのが難しければ、自分の意見を言うのはグッと我慢して「そうだね」とうなずくだけでも効果があります。

 

「どうした?」「なぜ?」と無理に話させようとするのではなく、「聴く」に徹底です。子どもたちの辛さに寄り添うと自分から話し出すかもしれません。誰にも相談できずに一人で悩んでいる子どもには詰問せずに「聴く」に徹底してください。

 

 

メジャーリーグイチロー選手は高校に入ってすぐ、「実は野球をやめようと思っている。」とお父さんに言ったことがあるそうです。弱音を吐いた本人に「どうした?何があったんだ?」と言いたくなります。しかし、彼のお父さんは熱心に励ますタイプではなかったのでしょう、むしろ「野球ばかりやってきたからな。オマエがやめようと思っているのはよほどのことなんだろう。」と本人の気持ちを受容してそれ以上は言わなかったそうです。

 

 

「単に怠けている」と「中1ショック」の見極めは難しいかもしれませんが、心が疲れている子にはゆっくりさせて下さい。

中1ショック ~中編~

前回のブログで中1ショックに陥らないためには精神的な支えが必要だと書きましたそれは塾だけでなく家庭でも同様です。

 

 

初めての中間テストを迎える中1生にとっては、親から「しっかり頑張りなさい」というプレッシャーを受け、本人も「頑張って良い点を取らねば」と思います。でも英単語だけでなく、地理の地名、実験道具の名称や使い方等、覚えるものがたくさんあります。まだ数学は難しくないものの計算ミスが多く思うようにいかない…。

 

やってもわからない、やり方がわからない…

親の期待と反比例に生徒本人の焦りは膨らみます。

 

不安が続き、自分の立てた目標に達しなかった場合、やる気がどんどん失われ逃げ道を探すようになります。しかし、初めての中間テストで失敗したくないという気持ちはまだ残っているので心はさらに疲れてきます。食欲がなくなり、なかなか眠れない…。これが中1ショックです。

 

ほとんどの中1生が大なり小なりストレスを感じますが、それを乗り越える生徒と乗り越えられない生徒がいます。

 

ストレスを乗り越えられない生徒は心が弱いのか?

 

決してそうではありません。親や塾の期待に応えようとする真面目な生徒が陥るようです。「オマエには期待していない」なんて言う親はいません。期待されないというのはあまりに可哀想です。しかし、期待に応えようとしてもなかなか上手くいかない。これは社会人でも同じことが言えます。上司や先輩に期待されてもなかなか上手く仕事がこなせない。ミスばかりしてしまい、逆に迷惑をかけてしまう…。こんな時に「やる気を出せ」と言って無理な話です。人間は、外からいくら「やる気を出せ」と言われてもやる気が出るものではありません。「やる気」というものは、他から強制されればされるほど失われていくものです。やる気のない人間は失敗回避型傾向が強いといわれます。行動を起こす前に「失敗したらどうしよう」というマイナス要因ばかりが気になり、なかなか行動に移せないことをいいます。

 

ここで重要なのは「自分の子どもができないのは怠けているから」と思わないことです。中1ショックに陥る生徒は真面目な生徒です。決して怠けているわけではありません。テスト結果は思わしくないでしょうが、本人はこれを楽観的に捉えてはいません。逆に私たち大人が楽観的に捉えるべきです。「まだまだ中学生活は始まったばかり。また次のテストで頑張ればいいよ。」と余裕を持った一言をかければいいと思います。「しっかりしなさい!」と叱咤激励するのではなく、大人自身がゆったりと構えた一言です。この一言で中1ショックに陥った子どもは楽になるはずです。

 

たとえ、中間テストに失敗したとしてもそれは言い換えれば「1回目のテストに失敗した」というだけ。1か月後には期末テストがあります。中間テストが終わるとプレッシャーから解放されますから、中1ショックに陥った生徒は回復していきます。根が真面目な生徒なので期末テストで挽回できます。しかし、いつまでもこの失敗を引きずっていると梅雨時のじめじめした気候と重なり、勉強するのが苦でたまらない状況になります。

 

期末テストも結果が良くなかった…

 

だとしたら、夏休み中に集中して復習に取り組めば、十分みんなに追いつくことができます。英語、数学は積み重ねが重要な科目で、前の単元が分からなければ次の単元も分からなくなってしまうので、特に力を入れて復習しておきましょう。

中1ショック ~前編~

「中1ショック」という言葉があります(高1ショックや大1ショックという言葉もあります)。中学校へ入学して今までの環境と大きく変わり、心がついていけないことを表します。社会人でいう五月病のようなものでしょうか。約1割の生徒が中1ショックを経験するそうです。

 

 

慣れない制服に身を包み、学校の先生も教科ごとに変わります。数週間後には部活動も始まり、慣れないことばかりでストレスが増幅します。ゴールデンウイークで多少回復しますが、5月中旬には初めての中間テストが待っています。この時期に中1生にとってはストレスがピークを迎えます。

 

 

中学校へ入学してからの大きな変更点といえば…

①クラスメート

今までの単なるクラス替えではなく、他の小学校からの入学生もいます。「みんなと仲良くなれるか」、「輪の中に入れるか」、「今まで仲良くしていた友達が他の生徒と仲良くなって自分が取り残されたような気になってしまう」など人間関係での不安を抱えます。

②部活動

多くの中学生が部活動に所属します。今日はちょうど部活動紹介があるようです。当塾の中1生は春期講習の時には入りたい部活を決めていましたが、「先輩にどうやって話しかければいいのか」など先輩との人間関係にも不安を抱えるでしょう。

③生活のリズム

4月末には本格的に部活動が始まります。朝練があったり、夕方遅くまで練習があったりで体が出来上がっていない中1生にとっては疲労困憊です。家に帰るとすぐに眠たくなってしまうという生徒もおり、生活のリズムが大きく崩れます。

④教科ごとの先生

中学生になると同一の先生が複数の教科を担当することはなく、教科ごとに先生が変わります。怖い先生、やさしい先生、おもしろい先生、様々な先生に慣れていかなければなりません。

⑤塾

中学生になってから塾に通い出すという生徒も多いでしょう。多くの塾が中学生の授業を夜に行います。朝早くから部活動の朝練のため学校へ行き、日中学校で授業を受け、夕方遅くまで部活動。そして、帰宅後ゆっくり休む余裕もなく、そそくさと塾に行く。週2日の通塾であっても塾からの宿題と学校からの宿題に追われ、その日の授業の復習をする時間を確保するのも難しくなってきます。

⑥定期考査

小学校のような単元テストではなく、出題範囲が決められその範囲の広さ、また、50分という制限時間で解かなければならない問題数の多さにも驚くでしょう。英語も加わり、暗記しなければならない量も相当です。

⑦授業の進み方

授業の進み方が速く、学習内容も難しくなってきます。特に数学では、「これは小学校の算数の授業で習ったよね。」とおさらいすることなく、次々と授業が展開されます。また、その場では理解していたつもりがテスト前に復習するとすっかり忘れていたということもあります。

 

そして、勉強のやり方がわからないという中1生は60%を超えるというデータもあります。また、「算数・数学が好き、もしくはまあ好き」と答えた55.0%の小6生が中1生になると28.5%と大きく減少します。「計算は自信がある」、「特に勉強しなくても100点は取れていた」という算数が数学になった途端、苦手科目になってしまうのです。

 

理由は内容自体が高度になっただけでなく、授業展開のスピードについていけない、わかったつもりで終わっていたなど様々でしょう。

 

 

まだまだ書ききれないほど大きく環境が変わる中1生です。

 

 

中1ショックに陥らないためには精神的な支えが必要です。塾では、友人や先輩との人間関係を把握することはできませんが、初めての中間テストで失敗しないように「テスト勉強の方法」、「定期考査に対する心構え」等をしっかりと指導していきたいと思います。

オンとオフ

日本人は勤勉であることが美徳だと考える傾向が強い。しかし、これは過去の考え方であって、今の時代には当てはまらないように思う。

 

松下幸之助週休2日制を導入し、当時、高度経済成長期でもあり、休むのは悪だと考えがあった時代に思い切った改革をしたと思われる。実際に、週休2日制が導入された当初、土曜日でも会社の近くをウロウロしていたサラリーマンがいたそうだ。

 

こういった過去の固定観念にとらわれていると、自宅に居ても落ち着かず、罪の意識を感じてしまう。また、休日遊んでいる間に自分の仕事の能力が低下すると勘違いしてしまう人もいただろう。しかし、実際にはそんなことはまったくない。むしろ、休日が充実すると、仕事も頑張れることだってある。

 

ただし、休日は仕事のことを考えず、仕事中は遊びのことを考えない。

つまり、オンとオフをしっかり使い分けることが重要。

 

若かりし頃、福岡の大手塾でサラリーマン講師をやっていたとき、休日の日中遊びに出かけ、夜は職場で次の日の準備をしたり、資料を整理したりすることがあった。

オンとオフが使い分けられていなかった時代llllll(-ω-;)llllll

 

 

 

仕事のことはまったく考えなかったのんびりしたGWが終了しました。

今日から1学期中間テスト対策!

 

生徒のみんなも気持ちを切り替えて頑張れよ!

当たり前のこと

春期講習が終わり、4/8の入学式・始業式に合わせて、塾内の通常授業も開講されました。

 

生徒たちのテンションは春期講習と変わらず、真面目に授業に臨んでいます。

 

 

今から1年間勉強していく塾生たちに忘れないでほしいことが一つあります。

それは、「当たり前のことを当たり前と思わずに大切にする」ということです。

 

「朝起きたら朝食を準備してくれる。」「汚れた服は洗濯され自分のタンスの中に入っている。」「自転車がパンクしたら修理代を出してくれる。」「塾に行きたいと言えば、行かせてもらえる。」

 

これは当たり前のことか?

 

いえ、環境に恵まれているだけです。

当たり前のことを当たり前だとバカにする人は成功しません。

 

当たり前のことを当たり前ではないと気付くことは意外と難しいことで、見落としやすいことなんです。当たり前のことを嫌い、突飛なことを言ったり、考えたりすることは一見かっこいいことのように思えるけれど、決して本質ではありません。

 

当たり前の大切さがわかれば確実に成功に近づいています。

 

学校や塾でも「遅刻をしない、忘れ物をしない」、授業中ならば「計算ミスがないように見直す」など、聞き飽きるほどの当たり前の言葉には派手さがありません。その裏側に隠されている奥行きを感じ取れれば洞察力がつきます。

 

「当たり前のこと」=「何度も言われていること」なんです。

 

「また、同じことを言ってる、学校でも家でもそんなことは何度も聞いた」なんて思ってる人はただ退屈なだけでしょう。しかし、自分の経験と照らし合わせてその言葉に今までにない価値を見出せた人は大きく成長したという証明です。

塾生募集について(2022 4月)

連日、お問い合わせをいただいております。ありがとうございます。

改めて、現在の塾生募集状況についてお知らせいたします。

 

 

【塾生募集について】

現在、全学年全クラス満席のため塾生募集を中断しております。欠員が生じましたら募集を再開いたします。

 

【入塾予約について】

当塾では現在、小学部の授業を中断しておりますが、中1としての入塾予約を受け付けております。

・2023春に中1として入塾をご希望の方(現在、小6生対象)

入塾予約者が定員に達しましたので募集を停止しております。

・2024春に中1として入塾をご希望の方(現在、小5生対象)

入塾予約可能です(現在、4名の予約を承っております)。

 

 

塾生(卒塾生)からのご紹介やご兄弟での入塾希望をお断りするのはとても心苦しいことです。また、お問い合わせの方の中には「欠員が出るまで待ちます。」と言っていただける方もいらっしゃり、本当にありがたいことだと思っています。しかし、安易に生徒を増やすこと(目先の利益)だけにとらわれ、塾を運営することは望ましくありませんし、そんな塾はたいした塾ではありません。

 

わがままなことを言っているのは十分に承知しておりますが、現在、在籍している塾生を最優先と考えていますので、どうぞご理解ください。